未経験からでもWEBエンジニアになれるブログ

可能な限り楽して生きていきたい。好きなものだけ食べて痩せたい。控えめに行っても玉の輿乗りたい。ほんとはプライベートブログにしたい。何もしてないのに尊敬されたい。家から出たくない。

Photoshop-7日目

 


煙草と携帯をね、忘れたんです。

 

携帯はいいけどね、タバコはね、しんどかった。

 

 

あと、根拠のない否定って納得いかん。。。。。。

 

 

 

さ、気を取り直して、

 

今回は解像度のお話!

 

 

 

 

 

ピクセルと解像度

 

 

 


ピクセルについて

 


ピクセルで構成された画像を「ビットマップ画像」、または「ラスター画像」という。

 

解像度の単位は[ppi]。ピクセルパーインチ。

つまり、ピクセルの話をするときの寸法の単位はインチです。センチではない。


一インチの中にピクセルがいくつ並んでいるかがppiになるらしい。

 

御察しの通り、数値が高いほうが解像度が高い。

 


ピクセル自体には寸法がないので、Photoshopではただの地番的記録でしかないらしいです。

 

f:id:mocha0426:20170811002408p:plain

 

こちらは72×72=5184個のピクセルを持つ、72ppiの解像度の「あ」です。

 

 

 

 

 

 


解像度や画素数を変更する

 

f:id:mocha0426:20170811002613p:plain

 

イメージメニュー>画像解像度


を、選択

 

f:id:mocha0426:20170811002633p:plain


ここで確認と変更が可能です。

 

f:id:mocha0426:20170811002647p:plain


表示メニュー>プリントサイズで、
印刷時の大きさを確認できます。

 

ちなみにこんなに小さくなっても、画素数は同じ72ppiです。

 

○さっき言いましたが、ピクセルは、「1マス目は何色、2マス目は何色」と決められているだけで、寸法の概念がない


○1ピクセルは1ミリにも1メートルにもなる

 

これを踏まえて進めていきましょう。

 

 


では、解像度を変えていきますが、

 

f:id:mocha0426:20170811002742p:plain


「再サンプル」とは何か?

 

 

→「画素を増減してもいい」という意味。


オンにすると幅、高さを維持して画素を増減する。
オフにすると、画素数を維持して寸法を増減する。

 

f:id:mocha0426:20170811005245p:plain


オフにして、画素数を変えずにサイズのみ変更します。

 

f:id:mocha0426:20170811005300p:plain

 

 

プリントサイズでこの大きさ。

でも画素数は変わらないので、見た目そんなに変わった感じないな〜

 

f:id:mocha0426:20170811005316p:plain

 

 

こちら36ppiの画素数の「あ」。


この画像を使って、再サンプルのオンオフの検証をしていきます。

 

f:id:mocha0426:20170811005330p:plain

 


再サンプルをオンにして、
18ppiにします。

このとき、データサイズがなんと4分の1!!

幅と高さを変えずにピクセル数を半分にしましたので、めっちゃモザイク

 


そしたら、今減らした画素数
10倍にします。

 

f:id:mocha0426:20170811005343p:plain

 

このときの画像データの重さは100倍に。

累乗で増えていくので気をつけてって〜

 

f:id:mocha0426:20170811005356p:plain


なんかキモイ


これは目伸ばしと呼ばれているアレで、
画素を推測して増やすため、曖昧な輪郭になります。


画素は減らしても増やさないほうがいいって

 

 

 

 

 


Q:渡されたデータの解像度を下げるには??


ひとにもらったデータはそのまま加工するとまず重い。
加工に入る前に、まずは解像度とデータのサイズを確認しましょう。

 

解像度をいじって画像データの重さをできるだけ軽くしましょう。

 

f:id:mocha0426:20170811005441p:plain

 

この画像、幅が2336pxもあります。
1000pxくらいに戻してあげよう。

 

 

2種類のやり方をご紹介。


イメージメニューより解像度を下げる

 

f:id:mocha0426:20170811005513p:plain

 

まず再サンプルにチェックを入れる

 

その後、解像度を72ppiにする

この72ppiというのは、昔のブラウン管モニターの解像度になります。
最大でもできるだけ72くらいにしておきましょう。

 

最後に、希望の幅に指定をかけなおします
(単位に注意)

 

 

f:id:mocha0426:20170811010028p:plain

 

 

 

これで画素数が減り、画像が5分の1ほどの重さになりました。

 

 

 


切り抜きツールを使う

 

f:id:mocha0426:20170811010055p:plain
これ

 

オプションバーの以下の赤枠部分に注意します

 

 

f:id:mocha0426:20170811010118p:plain

 

 

そしたらマス目を使用して切り抜いていきましょう

f:id:mocha0426:20170811010140p:plain

 

f:id:mocha0426:20170811010156p:plain


こっちのほうが割りと直感的にできるし簡単かも

 

 

 次回は画像の補正について!